皆さん日頃食べている食事はどんな感じですか? 

肉中心だったり、魚中心だったり様々だと思いますが、
今日はタンパク質の多い食べ物をランキングしてみましではさっそくいきましょう!

第10位から!

焼き豆腐

焼き豆腐はかなり高タンパクな食材と言えるでしょう。大豆も含まれていますから、身体に良いこと間違いなし!
一丁300gにタンパク質23.4g含まれています。

第9位

マグロの赤身

マグロの赤身は高タンパクな上、脂質もかなり少なく低カロリーなところがお薦めです。難点としては、値段が少し高いことですかね、、、
マグロの赤身100g中、タンパク質24.3g含まれています。

第8位

サバ

サバもマグロに引けを取らないくらい高タンパクです。
料理のレパートリーも充実していて、焼いても、煮ても美味しく頂けます。しかし、脂質がやや高くなり、食べ過ぎると脂肪も蓄える可能性があるでしょう。
サバ120g中、タンパク質24.8gになります。

第7位

カツオ

魚介類が続けてランクインしました。
かつおも高タンパクで良いのですが、食べ過ぎは注意です。食べ過ぎると尿酸値が上がり身体に負担を与えてしまう可能性があります。

たまーにかつおの叩きや、かつお節などで召し上がっても良いかもしれません。
かつお150g中、タンパク質25.0gになります。

第6位

豚ヒレ肉

やっと肉類がランクインしました。ヒレ肉はヒレカツなどで召し上がることが多いのではないでしょうか。

手軽に食べられ、なおかつ値段もお手頃で入手しやすいです。

なお、ヒレカツにする場合、油などを大量に摂取しないように低カロリーなものを選んで下さいね。
豚ヒレ肉100g中、タンパク質22.8gになります。

第5位

鳥ささみ肉

鳥ササミ肉はスポーツ選手、筋トレしている方の代表格食材だと思います。

ササミ肉というところがミソで、脂質をかなり抑えることができます。しかし、味が淡白で味気ない部分も少々あるので、飽きない味に調理して召し上がることをお薦めします。
鳥ササミ肉100g中、タンパク質23.0gになります。

第4位

イワシ缶詰め

実はイワシも高タンパクなのです。イワシ缶詰は高タンパクな上、低カロリーで安心できます。なぜ、イワシ缶詰かというと、、、単純にすぐ食べられるからです。笑

缶詰は料理の手間も省けますから、一石二鳥ですね!
イワシ缶詰150g中、タンパク質30.6gになります。

第3位

サバの味噌煮缶詰め

サバは第8位で紹介しましたが、サバの味噌煮缶詰を3位にしたのは、料理の手間が省けるからです。缶詰で買うことにより、場所もとらず、保存がきき、味が付いていて美味しく頂けるからです。

缶詰にすることによって、骨ごと食べられる物も多いですから、余分なゴミも出ないですね。
サバの味噌煮缶詰160g中、タンパク質31.0gになります。

第2位

牛スジ肉

牛スジ肉は高タンパクな上、脂質は控えめ万能肉になります。鶏肉と豚肉に比べ若干脂質が高いですが、そこはあまり気にしなくて良いくらいです。

料理の代表は、牛スジ煮込みで美味しく頂けます。ご自分で買う際も、値段は安めなので入手しやすいです。
牛スジ肉100g中、タンパク質28.3gになります。



ではでは、、、堂々1位は!!!!!





ウナギの蒲焼き

なんと肉を押し切って、魚が1位になりました!
日本人はウナギが大好きですよね!ウナギは活力精力の源になると昔から言われてきました。

がしかし、最近は価格もかなり高くなり、なかなか食べる機会も減ってきたと思います。高タンパクなのですが、カロリーもそれなりに高いので、月に1回食べるくらいでも十分でしょう。

ウナギの蒲焼き160g中、タンパク質36.8gになります。

ざっと1位から10位までご紹介しました。 

ここに書いているg数は目安になりますので、一度に何百g食べるなんて厳しい方もいらっしゃると思いますので、参考程度にして頂けたら嬉しいです。

髪の毛や身体を大事にしたいのであれば、ファーストフード、外食は控えて自宅で調理した方が、身体にも良いですし、経済的にも優しいです。

なによりもバランスの取れた食事が身体や髪の毛をイキイキさせてくれるので、皆さんで一緒に健康を目指しましょう!





いいね!よろしく!