男性諸君はキャバクラという魔法の箱に行ったことはあるだろうか?




なぜ男はキャバクラに行くのか、徹底的に考えてみました。




男がキャバクラに行く理由

男がキャバクラに行く理由は様々と言いたいところですが、ある程度理由は決まっていると同然なのです。
理由を7つのポイントで言うと

・単純に女の子とお話がしたい

・モテたい願望がある

・下心

・ストレス発散

・離婚して独り身で寂しい

・接待で利用する

・金を使って権威化を図る

以上が男がキャバクラに行く理由だと考えられます。


中でも上位の、女の子とお話がしたい、モテたい願望がある、下心がほとんどの理由を占めているといっても過言ではないでしょう。

お金がある人は、お金を払えば女の子とイチャイチャできる、最高のお店なんですねぇ、キャバクラって。
こちらの女性をガンガン引き寄せる9つの法則も参考にすると、キャバクラがもっと楽しくなりますよ。


キャバクラのイメージが悪い?

キャバクラのイメージは人それぞれでありますが、良いイメージを持っている人は少ないでしょう。

なんか柄の悪い人の集まりなんじゃないか?ボッタクリは勘弁だよ。と思う人もかなりいるはず。確かに当たりでもあり、ハズレでもあります。

キャバクラのお店にもよりますが、全てがそういった悪いお店ではなくて、健全に営業しているお店もあるんですよ。しかし、実際にお店に行ってみないとわからない部分もあるので、難しいところなのですが。

ボッタクリの代表格は歌舞伎町ですよね。毎年のようにボッタクリのお店が摘発されています。こんなに摘発されているのになぜボッタクリは無くならないのか?それは単純にキャバクラ市場はかなり需要のある業界なのです。

男と女が関係する商売はいつの時代も需要があるといっても過言ではないでしょう。摘発されても、新たにキャバクラ店を作ります。キャバクラを求めているお客様が居る以上、ボッタクリのお店は無くなることはないでしょう。



ボッタクリに合わないためには

これはかなり難しい問題ですね。
これは違法なのですが、よく夜街中を歩いていると、『キャバクラいかがですか〜60分ワンセット3000円で案内できますよ〜』なんて言葉でお店に誘導してくる男たちがいます。いわゆるキャッチですね。キャッチは法律で違法と定められております。

しかし、キャバクラの需要がある現在もキャッチが無くなることはないでしょうね。歌舞伎町などでは、このキャッチにお店を紹介されて、来店し、最初に言っていた値段より多額なお金を請求することがあるんです。ひどいもんですねぇ。ひぇーこわいこわい。

なぜワンセットの料金は安いのに多額請求されるのか?それは、女の子の飲むドリンク料が関係してきます。
平均的なキャバクラの女の子のドリンク料は一杯1000円なのですが、ボッタクリ店は一杯10000円とかするらしいです。
あんなチョロっとしか入っていないドリンクで多額請求しているわけですねぇ。驚きですよ。本当。

ではボッタクリに合わないためにはどうすればよいか?簡単です。ボッタクリに合わないためには、キャバクラに行くのをやめましょう。笑

もし、どうしてもキャバクラに行きたい場合は、信頼できる詳しい人にお店を紹介してもらうことが一番安全です。
値段なども詳しく教えてもらいましょうね。


女の子にチヤホヤニヤニヤしてるあなた!上辺だけの付き合いに気づけよ


よく勘違い男がいるんですよねぇ。ちょっとキャバクラに通って女の子と仲良くなったからって『こいつは俺の女だ!俺に惚れ込んでいる!』なんて言う男。勘違いですよ、勘違い。

お店に来て接客をされているんだから、『カッコイイ!ステキ!』なんて言われるのは当たり前ですから。女の子は微塵も思ったりしていませんので、ご承知願います。

中には本当に良いお客様がいて、女の子が気に入る場合もあります。でもそれはごく稀ですので期待しない方が良いです。

女の子たちはお客様が帰ったあと、とんでもない愚痴の嵐です。あまりお客様の良い話を聞いたことがないので残念ですねぇ。


気になること。ボーイとキャストの恋愛はあるの?

いやーこれはほぼない。99.8%くらいないと言ってもよいです。
よく社内恋愛など聞きますが、キャバクラにおいて社内恋愛はタブーです。もし、仮に付き合ったのがバレたら多額の罰金を科せられます。うんびゃく万とか?恐ろしい。


キャバクラの1日の営業サイクル

キャバクラの営業時間、何時から準備を始めているのか、知らない人も多いでしょう。
軽く説明しますと

夕方17時に出勤。ボーイや店長など

・20時からの営業に備え、掃除、買い出し、予約のチェック、洗い物、同伴の有無、売り上げ計算、女の子の出勤時間チェック

・営業開始、大体20時から1時まで営業

・営業終了後、軽く片付けて、ミーティング

といった流れが一般的ではないでしょうか。
中にはもっと遅くまで営業しているお店も多数ありますが、法律を違反している可能性もあります。しかし、警察は黙認しているのか、よくわからないですが、営業時間の改善も進んでいませんね。


キャバクラはラクして稼げる!その概念は間違っているよ

時給3000円。こんなうまい話があるのだろうか?本当にあるんですよ。時給3000円なんて普通の会社じゃ貰えませんよ。えぇ。普通に考えて。
でも、時給が良いからといって、ラクして稼げると思ったら大間違いなんです。

なぜラクして稼げないか?
 
それはお客様に対するストレスが半端ないのです。最初に言ったように、ほとんどのお客様は下心を持っています。
普段お偉いさんなんかは社員にセクハラになることを言えませんよね?

しかし、キャバクラは言えるんです。
普段威張れない人もいますよね?

キャバクラは威張れるんです。

そういったお客様を相手しているうちに、それが女の子のストレスになったりするわけです。

時には体を触られることもあるでしょう。そういったお店なら問題ないのですが、知らないおじさんに触られて良い気分の女の子なんてほんの一握りだと思うんですよね。

触られた部分を裏で石鹸で洗って、アルコール消毒してますよ。これが現実です。
本当にストレス溜まりそうですね。


お店の営業時間以外にも、同伴で接客する

実はキャバクラには同伴というシステムがあります。同伴は、お客様がお店の外で女の子と話したい、ご飯を食べたい時に利用するメニューです。もちろん同伴料も頂きます。

よくよく考えてみると、もし同伴が昼過ぎからだったとします。同伴が終わってこれから店に来て、また接客する。
女の子は何時間働いて接客しているのでしょう。
かなりの労働時間になると思います。

女の子が売れっ子になればなるほど、この同伴も必然的に増えていきます。こうした同伴もストレスに関わってくるのですねぇ。

あと、携帯を見るのが嫌になる女の子もいますね。
四六時中お客様と連絡を取り合って、休みの日も遊びに誘われたり、電話したり、、、そんな毎日を過ごしていたら気が狂いそうですよね。


僕はキャバクラの女の子を尊敬している

キャバクラに来る人ってお金持ってる人が多いです。お金を持ってる人は大体お偉いさんだったりしますから、そのお偉いさんと会話することによって、言葉使い、接客、お酒の作り方、接待の仕方などが身につくんです。

お偉いさんが集まって話す機会なんてほとんどの人はないでしょう。でもキャバクラは話せるんです。お偉いさんとの接し方が格段とうまくなるに違いないです。

まぁお偉いさんが来ても仕事の話とか為になる話はほんのわずかですが、僕はお偉いさんと同じ空間にいるだけで意味のあることだと思いますね。
お偉いさんの持ち上げ方が学べますから。

僕は本当にキャバクラの女の子を尊敬しています。まぁ中にはダラダラ働いている子もいますが、目標を持ってお金を貯めて働いている子も少なくありません。
かなりストレスの溜まる職業ですが、頑張ってる姿を見て応援してあげたくなりますね。



最後に

ボッタクリや犯罪には気を付けなければいけませんが、キャバクラに通うことは僕は否定しませんね。

なぜなら、キャバクラに通うことで毎日のモチベーションになったり、ポジティブになったりすることができるのですから、いわゆる投資ですよ。投資。
キャバクラに通って仕事が円滑にまわったらいいじゃないですか。


キャバクラに通う男性諸君!

ひとつ言っておきますが、キャバクラでも誠実な態度の方が女の子から好感持てますよ。女の子の接客サービスが格段と良くなったり、シャンパンをお店側で出してくれるかもしれませんよ。

自慢や威張りはほどほどにね。

明日も楽しく生きましょう!







いいね!よろしく! いいね。いいね。